トップ
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産売買は適正価格で売買を

不動産の売買では、高額のお金が動きます。しかしながら、素人では価格がわかりにくいので、慎重に取引きをしなくてはいけません。そのためには、土地や建物の評価額を知る必要があります。適正価格での取引を確実に行いたいのであれば、鑑定士に依頼をして、評価額を見極めてもらう必要があるのです。大切な不動産を適正な価格で取引するためには、素人の判断では成り立ちません。鑑定士の見極めで適正な価格で、満足のいく取引をすることが望ましいです。大きな買い物でもあるので、間違った価格で取引きをしてしまうと、大きく損をしてしまいます。

鑑定士という仕事があります。

土地や建物の価値を決める不動産鑑定士という仕事があります。どういった仕事かといいますと、公示地価や都道府県地価調査など主にその土地や建物の価値を決めるといった各種の公的な仕事を受注することができます。また、鑑定評価だけでなくコンサルティング的な仕事をしている不動産鑑定士も多く、その資格と能力は街作りなどの協力も行っています。独立して働く道だけでなく、企業内での活躍も期待できる仕事です。関連の仕事だけでなく、金融機関への転職なども可能となっており、活躍できるフィールドと年収の多さから難易度の高い国家資格として知られています。

HOME | SITEMAP

© Copyright 不動産鑑定士の仕事とは. All rights reserved.