トップ » 不動産取得で掛かる税金
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産取得税についての概要

不動産取得税とは、土地や建物などの取得について課される都道府県税です。納税義務者は取得者であり取引が有償であろうと無償であろうと課されます。税額は(取得した時の価格)×(税率)で決定されます。取得した時の価格とは、実際に支払った額ではなくて固定資産税の課税台帳の価格になります。税率は、地方税法に100分の4という標準税率が定められており、これを基準として各地方公共団体が条例で定める税率が適用されることになります。納税の仕方としては、土地や建物などの不動産を取得した者は、その事実を申告しなければなりません。この申告に基づいて納税通知書が交付され、これに従って納付することになります。

取得税の納税について

不動産取得税とは、土地や家屋などを取得した場合に課税されます。登記の有無、有償・無償は問いません。また、期間の長短は問はないので、たった1日でも所有権を取得すれば税金を納めなくてはいけません。各都道府県の税務署から送付される納税通知書に従って、指定された納期限までに金融機関などから納税を行います。この税金は、取得者の現住所ではなく、所得した不動産が所在する各都道府県が課する税金で、取得したとき一度だけ支払えばよいものです。取得税を延滞した場合、延滞税が加算されるので、速やかに納税を済ませましょう。

HOME | SITEMAP

© Copyright 不動産鑑定士の仕事とは. All rights reserved.