トップ » 不動産購入後は登記しよう
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産の手続きに関する登記法

個人の権利などに関する市民生活上の法律である私法の権利に関する一定の事項を他人に広く知らせるため登記簿に記載しなければならないと言う法律である登記法とは、マイホームなどの不動産を購入した場合、購入代金を支払ったあとにその土地の所有権が変わったという事を明記をしなければならないのであります。その流れとは、まず申請書の作成を行い、必要書類と一緒に法務局に提出します。その後は審査が行われ、問題がなければ申請書が受理されます。それが終わりますと登記簿に記載され、作業が終了となります。またマイホームなどの種類よって必要書類が変わってきますので一度法務局で確認を行う必要があります。このように不動産の登記法とは、マイホームなどを購入した時に行わなければならない法律であると言えます。

登記法:財産と権利を守る法律

家や土地を購入、又は相続や譲渡をした場合、所有権やその他の権利(抵当権、地益権等)、土地建物の所在等を不動産登記簿に記載する必要があります。金額的に大きな財産なので、権利関係のトラブル防止のため正規の所有者が誰であるかを法的に証明するのが登記です。実際には専門家である司法書士に依頼するのが一般的なのですが、実は不動産登記の手続きは誰でも出来ることになっています。司法書士は登記法に則り、申請書と各種必要書類(固定資産評価証明書、印鑑証明書等)を添付した上で法務局に提出し、登記官の審査を経て不備がなければ受理後に登記簿記載されます。必要書類は種類(所有権移転・抵当権抹消・建物消失・土地地目変更)によりそれぞれ異なり、費用も個別に設定されています。

HOME | SITEMAP

© Copyright 不動産鑑定士の仕事とは. All rights reserved.